PMS(月経前症候群とは) 〜 月経前症候群

main_top_over_navi
main_top

ルナリズム

PMS(月経前症候群とは)


月経前症候群とは、月経の前に排卵が起きてから月経が始まるまでに身体に不快な症状が現れることを言います。

PMSといわれており、生理のある女性の80%が経験しているというほど女性には一般的な症状です。この月経前症候群は、ホルモンバランスが乱れることによっておこるといわれれおり、体の不調としてだるさや、下腹部に痛みがあることがあります。精神的に不安定になったり、イライラしたりうつ症状が出たりすることもありますが、症状には個人差が大きく、日常生活に支障をきたす場合もあるといわれています。

月経の周期により症状がおこったり怒らなかったり、また症状が重くなったり軽くなったりといったばらつきがあるため、毎月この症状に悩まされる女性も多いです。

月経前症候群の症状専門の医師がいる産婦人科や総合病院の専門外来などでは、しっかりみてもらうことができますし、そういった外来などが増える傾向にあります。将来的には治療が一般的になることでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 月経前症候群 All Rights Reserved.