月経前症候群の時期 〜 月経前症候群

main_top_over_navi
main_top

ルナリズム

月経前症候群の時期

月経前症候群は、排卵から生理前までの約2週間くらいの時期に起こります。
個人差が大変大きく、生理直前にしか症状がない人もいれば2週間近くずっと深い症状に悩まされる人もいます。
月経前症候群の原因は、黄体ホルモンだといわれています。
月経前にはセロトニンなどが低下して、黄体ホルモンが増加するためにバランスが崩れて不快症状が出るのだといわれています。
さらにこの期間は身体の排せつ機能がうまく機能しないため、むくみやすく体重が増える傾向にあります。
指輪がはまらない、顔や足がむくんできたと同時に様々な不快な症状がおこるといったこともあるようです。
年代は30?40代の女性が多く発症しているようです。
妊娠や出産のために体内栄養素が付属するということと、加齢のためにホルモン分泌が低下したことが原因だといわれています。
辛い症状は我慢せずに通院して相談しましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 月経前症候群 All Rights Reserved.