月経前症候群と睡眠の関係 〜 月経前症候群

main_top_over_navi
main_top

ルナリズム

月経前症候群と睡眠の関係

月経前症候群の症状のうち、身体がだるいというのはだいたいの人が感じるものです。
また、生理前になると眠くなる、起きられない、一日中眠いという症状もあります。
こういった症状から疲労感を常に感じ、体力が落ち込んで体調を余計に崩してしまうこともあります。
この月経前症候群の対策には良質の睡眠も欠かせず、体力の回復、また質の良い睡眠による精神的な効果も計りしれません。
そのため、余ほど眠れないという方には服薬療法や、眠る前に軽い運動をする、ぬるめのお湯で入浴するといったよい睡眠をとるための対策が必要です。
運動すると身体が疲れるのと同時に血行が良くなるために眠くなりやすく、寝る前に軽い運動をするのはとても良いといわれています。
また、入浴時にアロマオイルを利用したり寝室にアロマの香りを満たしたりするとよいといわれています。
明るい光を浴び続けると眠れなくなりますので、眠る前の携帯電話やテレビは厳禁です。
眠る2時間前には、部屋を薄暗くしてテレビを消し、落ち着いた音楽などを流したうえで携帯電話も使わないようにしてみましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 月経前症候群 All Rights Reserved.