月経前症候群と不妊症 〜 月経前症候群

main_top_over_navi
main_top

ルナリズム

月経前症候群と不妊症

月経と妊娠は深く結び付いています。
月経前症候群の人は、生殖機能不全になりやすいといわれています。
月経不順や下腹部痛、また月経痛が強い人で月経前症候群の症状がある人は、できれば婦人科を受診したほうがよいでしょう。
また、体調や体質を改善するために栄養バランスの良い食事をとったり、適度な運動をとったりして健康な日常生活を送れるように改善しましょう。
身体の代謝機能が低下すると、排卵や受精、着床などに悪い影響があるといわれています。
こういった症状を改善することで妊娠しやすい体質を作ることができるといわれています。
妊娠を希望している方で月経前症候群の症状がある人は特に、産婦人科を受診するとよいと思います。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 月経前症候群 All Rights Reserved.