カフェインと月経前症候群 〜 月経前症候群

main_top_over_navi
main_top

ルナリズム

カフェインと月経前症候群

月経前症候群は、普段摂取する様々な嗜好品と関係があるといわれています。
カフェインやアルコール、タバコなどです。
それらをとりすぎると、月経前症候群が悪化したり治りにくくなるといわれています。
アルコールは月経前症候群の人や酔いやすくなるといわれており、気分を高揚させるために酒に頼るようになりアルコール依存になりやすいといわれています。
また、カフェインは脳や筋肉などを覚醒、興奮させて症状を悪化させるといわれています。
そのためカフェインはなるべくとらないようにするほうがいいでしょう。
またタバコは、その体に与える影響が大きいことはみなさんご存じだと思います。
血行を悪くしたり、動脈硬化や肺がんの原因にもなります。
ただでさえ冷えの傾向が強い月経前症候群の人がタバコを吸うことでより血行が悪くなり、症状が悪化することもあります。
このように、普段は何気なく取り入れている嗜好品ですが月経前症候群の予防や改善のためにはこういったものを避けて、なるべく刺激の少ないものを取り入れるようにしたほうがよいでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 月経前症候群 All Rights Reserved.