月経前症候群と漢方薬 〜 月経前症候群

main_top_over_navi
main_top

ルナリズム

月経前症候群と漢方薬

月経前症候群は、女性にはかなり厄介な症状が多いですがそうったものに良いといわれている漢方薬は、体質を改善して生理不順になどに良いとも言われています。
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、婦人病によく聞くといわれている有名な漢方薬で生理不順などの月経のトラブルに大変良いといわれています。
また、体がむくんでしまうという方には五苓散(ごれいさん)が体内の余分な水分を排出する為、大変良いといわれています。
加味逍遥散(かみしょうようさん)はイライラなどに良いといわれ、月経前症候群によっておこる精神の不安定やよく眠れないといった症状のある方に良いといわれています。
体が冷えていたり、貧血がある方には当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が良いといわれています。
自分の症状に合わせて、適切な漢方薬を選ぶことにより、より良い効果を期待できると思いますので、漢方専門薬局や婦人科の医師などと相談して服用してみるとよいと思います。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 月経前症候群 All Rights Reserved.