どうして月経前症候群が起こるのか 〜 月経前症候群

main_top_over_navi
main_top

ルナリズム

どうして月経前症候群が起こるのか

月経前症候群が起こる原因としては、いくつかの要素があるようですが今だにはっきりとした原因は分かっていません。
ホルモンの乱れが原因であるというのが、有力な説です。
女性ホルモンは、おもに得るトロ元とプロゲステロンと呼ばれるものがあり、妊娠や出産、月経にも深くかかわっているホルモンです。
こういったホルモンの分泌が減ったり増えたりすることで、体内でのホルモンバランスが崩れて代謝異常がおこります。それが月経前症候群になるのではないかといわれています。
また、月経前には脳内の状態がいつもと違う状態になるといわれています。
βエンドルフィンやセロトニンといわれる物質は、月経前には分泌量が低下する為に精神的に落ち込んだり、悲しくなったりするといわれています。
また、食生活の乱れやカフェインの過剰摂取や当分の過剰摂取も原因の一つといわれています。症状を緩和したいという時には、総合的に生活を見直してゆったりとした気分で過ごすことが大事なのではないでしょうか。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 月経前症候群 All Rights Reserved.