月経前症候群で起こる症状 〜 月経前症候群

main_top_over_navi
main_top

ルナリズム

月経前症候群で起こる症状

月経前症候群になると、様々な身体的や精神的な症状がおこります。
身体的には、乳房が張って痛くなったり、体がだるい、下腹部や腰が痛いといった症状があります。
誰にでも起こる可能性のある症状ですが、個人差が大きいので他にもめまいがしたり、だるくて起きることができない、体がむくむ、頭痛がするといった症状がある人もいます。
精神的には不安定になるという人が一番多く、イライラしたり少しのことでヒステリーを起こしたりすることがあるようです。
原因としてはホルモンバランスの乱れだといわれますが、その他にも代謝が良くないことで体調不良を起こしていることがあります。
ちょうどこの時期は、生理の周期でいうと黄体期になり、体の排泄機能が低下する時期です。そのためにニキビができたり、体がむくんだり、便秘や、アレルギーのある方は症状が悪化することもあるようです。
日常生活を規則正しく送り、余裕を持って生活できるように心がけるとよいでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 月経前症候群 All Rights Reserved.