月経前症候群で使われる薬物療法 〜 月経前症候群

main_top_over_navi
main_top

ルナリズム

月経前症候群で使われる薬物療法

月経前症候群では、様々な症状が現れますが症状を緩和する為に薬物療法をとるのが一般的です。
ホルモン製剤を服薬することが多いために、専門の外来や産婦人科などで相談するのが良いでしょう。うつ症状が激しい方には、精神安定剤が処方される場合も愛rます。
ホルモン製剤でよく知られているのはピルです。経口避妊薬ですが、黄体ホルモンの分泌を抑制してくれるために、月経前症候群の治療薬としてもよくつかわれています。
ピルを飲み始めると、排卵が止まるので、腰痛や下腹部の痛みや張りなどが軽減されるといわれています。また、セロトニンが減少することも多いですが、そのために抗うつ薬を服用します。セロトニンの分泌を促すことで、打つ症状の改善を図ります。
また男性ホルモン薬などを服用することで、乳房の張りを経験することもあります。
最近では、月経前症候群を軽減する為のサプリメントなども販売されていて、手軽に飲むことができます。
しかし、専門医に診てもらい適切な薬を処方してもらったほうが早くよくなりますので、一度医師の診察を受けてみたほうが良いでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 月経前症候群 All Rights Reserved.