月経前症候群の症状を抑えるために 〜 月経前症候群

main_top_over_navi
main_top

ルナリズム

月経前症候群の症状を抑えるために

月経前症候群の症状を抑えるためには、日常生活で不快な症状をコントロールすることがよいといわれています。
予防のためにはまず基礎体温を測りましょう。
およそ排卵日からが月経前症候群の症状が出る時期ですので、いつもより体温が低くなって、その後体温が上がり始めた時を見極めましょう。
体温が上がる黄体期(高温期)に症状が出ます。
また、それと前後してアルコールやコーヒーなどの嗜好品をとらないようにして、カフェインの入っていない麦茶やほうじちゃ、ハーブティーなどを飲むようにするとよいでしょう。
さらにストレスがたまらないように配慮し、食事のバランスを整えるとよいでしょう。
痛みなどは無理せずに鎮痛剤などを服用して身体に不快な症状をためないようにします。
むくみが強い場合には、軽い運動やストレッチ、入浴などを上手に利用するのがよいですね。
日常生活でちょっとした工夫をすることで、不快な症状が軽減されますのでぜひちゃれんじしてみてください


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 月経前症候群 All Rights Reserved.