月経前症候群で処方される薬 〜 月経前症候群

main_top_over_navi
main_top

ルナリズム

月経前症候群で処方される薬

月経前症候群のための薬としては、経口避妊薬のピル、抗不安薬であるソラナックスなどのアルプラゾラム製剤、セロトニン活性のためのSSRIなどがあります。
これらの薬は、医師が安全性を確認して使用するものになりますので必ず通院して処方を受けてください。
経口避妊薬のピルはホルモンのバランスを整えてくれるために、不快な症状を改善してくれ、かなりの患者さんが症状の改善を実感しているようです。
また、抑うつのためのアルプラゾラム製剤は月経前症候群の症状の一つである抑うつ状態がひどい場合に処方されます。
また、セロトニンの活性低下を防ぐためにSSRI製剤が使用される場合もあります。
こちらは副作用も少なく、よく処方されるようです。
まだ原因などがはっきりしない月経前症候群ですが、対症療法などを上手に利用して、症状の緩和を図っていきましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 月経前症候群 All Rights Reserved.