月経前症候群のための薬 〜 月経前症候群

main_top_over_navi
main_top

ルナリズム

月経前症候群のための薬

月経前症候群のための薬といえば、ピルが有用だといわれています。
原因がはっきりわからない月経前症候群ですが黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンが過剰に分泌されることで冷えやイライラなどの不快な症状があらわれるといわれています。
一般に避妊経口薬として知られているピルや、生理不順や子宮外妊娠対策にも使用されており、これが月経前症候群にもよいといわれています。
種類は低用量と中用量の二種類で、副作用の少ない低用量ピルを服用します。
ピルを飲むと疑似妊娠の状態になるため飲んでいる間は生理が来ません。
28日で1週間の休薬期間を置きますがそのときに生理が来ます。
そのため不快な症状が出にくくなり症状の改善につながります。
安全性も確保されており、医師から処方される割合も高くなっています。
産婦人科で処方してもらえますので、通院されたときにぜひ相談されるとよいと思います。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 月経前症候群 All Rights Reserved.